tic®に関する、よくある質問。

皆様方に多くお寄せいただいた質問を掲載しています。

  • HOME
  • よくある質問

tic®が使えるのは、どのようなボタンですか?

一般的なシャツのボタンであれば、tic®を使って取り付けることができます。
通常シャツのボタンは、穴の大きさや幅が同じ。場所も同じ位置になっています。そのため、ほとんどすべてのシャツのボタンに対応するといえます。
1つのtic®で取り付けられるのは、2つのボタン穴。したがって、2つ穴ボタンであれば1個のtic®。4つ穴ボタンであれば2つのtic®を使用します。
また、ボタンの厚みが4.2mmのものまで対応しているので、そのサイズ内であれば様々な種類のボタンが取りつけられます。

tic®はボタンが外れたときの応急処置用ですか?

いいえ、違います。
tic®は取り付けが非常に簡単なため、ボタンが取れてしまった場合の応急処置用の道具と思われる方も多いようです。
ところが、tic®で取り付けたボタンは非常に強力に固定され、3kgの力で引っ張ってもボタンが取れないほどで、その効果はほぼ永続的といえます。
これまでのように針と糸を使ってボタンを縫いつけた場合と同等、もしくはそれ以上に強力にボタンが取りつけられます。

tic®が使えるシャツの生地素材に制限はありますか?

tic®は、幅広い生地種類のシャツに使えるように設計されています。もちろん、製品開発の段階で、この点を慎重にテストしています。
綿、ポリエステル、麻、ウールなどはもちろん、デニム・ラミー、ポリエステルと綿の混合生地などでも使えます。また、全てではないですが、厚めのコットン生地でもボタンが固定できることも実証済みです。

tic®を使うと、シャツに汚い穴や裂け目ができませんか?

tic®を使用する際には、たしかに尖った突起を生地に差し込みます。
ところが、この先端の突起は非常に小さなもので、加えて生地対して優しく設計されています。そのため、生地に目立った傷をつけることがありません。
針と通した場合と比較しても穴も小さいほどで、見栄えも素敵になります。

tic®でボタンをつけたシャツを洗濯したり
アイロンを掛けたりできますか?

tic®でボタンをつけたシャツは、洗濯はもちろん、アイロン掛けすることもできます。いってみれば、通常と同じ用法で使用することができます。
ただし、アイロン掛けする際には、tic®部分にはアイロンが触れないようにしてください。これは、ボタンに直接アイロンを掛けないのと同じ理由です。

tic®の素材は何ですか?
また、どこで生産されていますか?

tic®の素材は、高品質のプラスチックです。しかも、リサイクル可能なプラスチックなので、環境型の商品といえます。
また、tic®は、企画・製造ともにスウェーデンで行われています。